フジミン

フジミンは当社が開発したフルボ酸からなる植物活性剤です。フルボ酸は土壌に含まれる腐植物質の一種で、植物が微生物によって分解され生成される腐植物質のうち、酸によって沈殿しない無定形高分子有機酸のことをいいます。フルボ酸のキレート効果により、植物のミネラル吸収を助けるとともに、土壌pHの安定化および団粒化を促し、植物の成長を促進する効果があります。有機JAS資材リストに登録されています。

DWファイバー

DWファイバーは木材チップに特殊処理を加えた土壌改良材で、大建工業株式会社と当社が共同開発しました。通水性・保水性に優れるとともに、フルボ酸を配合することで土壌の団粒化、植物の生育を促進する効果があります。

製鋼スラグ

鉄鋼製造工程において副産物として発生する製鋼スラグを有効活用するため、当社では土壌改良材として活用しています。製鋼スラグによるミネラル分の土壌内への溶出が従来の土壌改良材と比較してゆっくりであるため効果が持続します。

タフグリーン工法

今まで施工が困難とされていた、急傾斜の岩盤法面や崩壊地において、植生基盤の流出を防止し安定した緑化を実現します。地域によっては、早期緑化を目的とした外来性植物を使用せず、埋土種子・採取種子を活用した緑化、種子無しによる待ち受け型の緑化も可能です。

キカレス工法

外来植物の進入・生育を防止する緑化基盤「キカレスソイル」により、外来植物を衰退させながら在来種の復元を図る工法です。植物の生態を利用した防除方式を採用しているため、地域の多様性を保全しつつ確実な緑化を実現します。

マルチプロテクション工法

分解速度の異なる複数の生分解性の繊維を吹き付ける法面緑化・法面保護工法です。ワラムシロ張りを機械吹付施工としたとイメージしてもらえばわかりやすいと思います。表面に微細が凹凸があるため、周辺飛来種子の捕捉に役立ち、種子なしで施工すれば自然進入促進工としても適用可能です。従来は、客土吹付工などで対応していた斜面に対する、緑化、保護(浸食防止)工事に適用します。

| HOME | 会社情報 | 事業の紹介 | CSR | 採用情報 |

Copyright©2014 JCE Co.,LTD. All Rights Reserved