LP解析技術

航空レーザ測量により取得されるDSMやDTMなどのデータをさまざまな手法を用いて地形解析を行い、解析結果を判読することにより、潜在的に危険な斜面を抽出し、危険度評価などに活用しています。また、地上レーザ測量はより詳細なデータを取得できるため、地形変化状況や迅速な地形把握などに活用しています。

システム開発

山地災害危険地区調査要領(林野庁)に基づく解析・評価・管理の効率化を実現できる治山防災情報システムや森林GISなど各種GISシステムの開発を行っています。

衛星画像解析技術

大規模災害時に地すべり箇所や崩壊地などの土砂移動が発生している箇所を迅速に抽出するため、広域の情報を取得できる衛星画像解析の研究を行っています。災害時のみではなく、平時の活用法についても研究しています。

UAV

UAVとはUnmanned Aerial Vehicleの略称であり、無人で飛行する航空機の総称です。近年では、災害発生後の迅速な現地状況の把握や法面の健全度調査等「防災・維持管理」面でのニーズとともに、動画撮影や三次元モデルによる文化遺産紹介等「防災以外の現場」におけるニーズも高まっています。

| HOME | 会社情報 | 事業の紹介 | CSR | 採用情報 |

Copyright©2014 JCE Co.,LTD. All Rights Reserved